あまロスならぬ寺内ロス

毎夜楽しみにしていた 寺内貫太郎一家 先々週に読み終えてしまいました。
現在寺内ロス状態です。。。。。。
寂しいのでYou Tube で懐かしい映像を楽しんだりしています。寂しい。

最初読み始めたときはドキッとする言葉が続いて驚きました。
(不快に感じる人はその時点で読めないかもしれません。)
昭和40年代頃は普通に使われていた言葉だと思います。
出版するにあたって さぁ、どうすると編集部が一番心を砕いたのでしょう。
DSC08513.jpg 
完本 寺内貫太郎一家の巻末にそのおもいの記述。

先日 あるお教室ブログで普通につかわれているのをみて大変驚き不快でした。
常識あるきちんとした人なら誤解されるような言葉は今の時代使用をつつしむものです。

一度ネット上に載せてしまうとキャッシュで残ります。
書き換えても残ります。 
 
言葉は自由です、言論も自由です。
だから言葉というのは難しく恐ろしい。
寺内貫太郎一家を読みながら感じたことでした。
プロフィール

T-Masako

Author:T-Masako
横浜市青葉区(田園都市線)
カルトナージュ教室。
教室詳細&レッスン日程はホームページでご確認くださいませ。
教室ホームページ

当ブログの文章・画像の無断転載、
作品のコピーを禁止いたします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク